プフfacebook見てね
visiters
アクセスカウンター
アクセスカウンターフラワーギフトお取り寄せスイーツ釣り具販売バスケットボール用品専門店激安 プリンター無料アクセスカウンター
おススメBOOKS
Cat cafe pfft
営業許可証 ウェブ用文字サイズ72pt.gif
pfft猫スタッフのケア

こんにちは

すっかり涼しくなってきましたね。
季節の変わり目、これから猫たちは夏毛から冬毛に変わります。

ロメくんやノルくんなど長い毛の子はこれからどんどん
ゴージャスに
そしてフワフワになります。

先日、コメント欄でプフの猫たちお手入れの方法をご質問頂いたので、
この機会にざっくりとご説明しちゃいます♪
しろはと様、遅くなりまして申し訳ありません。


DSC08500.JPG
ロメール
「僕たちだって綺麗だねって言われると、
 ちょっぴり照れるけど嬉しいよね


DSC08296.JPG

ノル
「プライベートなことは事務所を通してください。
 …なんちゃってーーー。
 えへっ、マチルダさんみたいなこと言っちゃった



DSC08444.JPG

マチルダ
「あら。
 美容の力もあるけど、わたくしは生まれつき美しくってよ。オホホ





猫スタッフが何やら言ってますが、お気になさらず〜。







            






では、お手入れグッズを紹介していきます





シャンプー

 プフの猫スタッフ達が使用しているのはコチラ
CremeRinse_Thumb.jpg
アメリカjerob社のハーバルシャンプー&クリームリンス
です。
卑弥呼←コチラのネットショップで購入できます。




毎日の被毛ケア


無題1.png無題.png
金属性コーム(長毛のコ用)&ラバーブラシ(短毛のコ用)







フード

8匹も居ると、中には食物アレルギーや添加物アレルギーのある子もいるのでみんな同じではありませんが今プフの猫達の多くが食べているのはコチラ

ニュートロ ナチュラルチョイスのアダルトチキンです。






といった感じです。



シャンプーはキャットショーに出すような犬猫ブリーダー用なのでノミ取りの効果はありません。希釈して使うタイプの濃縮シャンプー、リンスです。

 キャットショーでブリーダーさんに教えていただいた商品で、店舗で販売してるのはまだ見かけたことはないです。


猫スタッフの中ではベロンさんだけ乾燥肌体質なので同じメーカーのココアバター&ミンクオイル・シャンプーというものを使用しています。
猫も人間と同じようにそれぞれ肌質があるのでその子に合ったものでケアしてあげたいですね。


毎日のケアでは、金属製のクシとゴム製のブラシを被毛の長さで使い分けています。
夏場の抜け毛の多い時期には、ファーミネーターというブラシを使用したりもします。

シャンプー後のドライイングの際に使用するクシは、スリッカーブラシというものなのですが、使い方を間違えてしまうと猫のお肌を傷つけてしまいかねないので、てんちょー的には先端にゴムの付いたものをオススメします。






フードについてなのですが、

猫はとっても嗜好性の高い動物なので、お口に合わないものだと食べてくれなかったりする子が多いのですが、上でご紹介したフードはプフの猫スタッフたちは比較的みんなよく食べてくれています。


以前は別のフードを食べさせていたのですが、便の調子が不安定だったりという子がいたので、獣医さんやペットショップや動物病院で勤務している知人に、添加物が比較的少なくて質の良いもの聞いたところ、ナチュラルチョイスを教えてもらいました。

ペット用フードには、食いつきを良くするための美味しい香りスプレー(?)のような添加物が吹きかけているものも多いそうで、敏感体質の子はそういったものに腸やお肌が反応してしまうそうです。

他にも、穀物アレルギーだったり、タンパク質もお肉の種類によってアレルギーが出ることもあります。

慢性的にお肌の調子やウンチの状態が悪い場合は、病気以外の場合、フードが合っていない可能性もあるので1度お医者さんに相談して、その子の体質に合ったフードを選んでもらうといいですね。




猫のケアって難しいですよね

お手入れグッズひとつ取っても、山ほど種類がありますし
猫さんは使った感想を教えてくれるでもないので。

pfftの猫スタッフもあんなものやこんなもの、色々と試して今のフードやお手入れグッズに落ち着いています。

猫好きのお客様に日々教えて頂いているおかげです
なにかお客様に感謝の気持ちをお返しできたらなぁ〜…といつも思っております。

ですので、
もしpfftの猫さんのことでご質問があれば、いつでもスタッフにお気軽にお声がけくださいね










 

-... comments(0) trackbacks(0)
Comment






Trackback
この記事のトラックバックURL: http://pfft.jugem.jp/trackback/604
<< NEW | TOP | OLD>>
| / |
 /PAGES